住宅や事務所のレイアウトの変更などに関すること

建築の問題は専門家に相談しよう

おおまかな住宅の種類

新築一戸建て住宅を購入したいと思った方、どれくらいお金が必要なのかと相場を調べると思いますが、当然ですが、一概に言うことはできません。あなたが、土地と一戸建て住宅の両方を手に入れたいと思った場合には、その販売形態によって次の3つに大別されます。 土地と一戸建て住宅がセットの「建売住宅」、一戸建て住宅は決められた業者と契約して建てることが条件の「建築条件付き宅地」、そして別途購入した土地の上物として一戸建てを建築してもらう「注文住宅」があります。 この場合、建売住宅では、土地の値段込みで業者は設けを出しますので、特に注文住宅と比較した場合、同じ仕様であれば、割安になることが普通です。当然注文住宅のように自分の好みに応じた家にはなりませんので、注意が必要です。

近年、建築条件付き宅地にというのが増えてきています。 駅に近かったり繁華街など、人気の土地では、ある程度の戸数の土地が販売される場合、建築条件付きとして、契約先の業者が予め決められた状態で販売されることが多くなっています。 こうした土地で一戸建て住宅を建てると、多くのハウスメーカーを回ったりという労力が要らない、町並みが統一化されやすいといった、建売住宅のメリットに加えて、注文住宅のように、間取りや仕上げ材などを自分の好みに合わせて建てることが可能であるといったメリットがあります。 なかなか良い土地に巡り合えない方は、こうした建築条件付きの土地は条件の良い場所に存在することが多いので、これを探して一戸建て住宅を建てるのもよいのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP