住宅や事務所のレイアウトの変更などに関すること

建築の問題は専門家に相談しよう

別荘のメリット

別荘地に不動産を購入する場合、それ歴史について知っておきましょう。別荘地の歴史は、意外と古く、もともとは明治時代に外人が避暑地に別荘として設けたことが始まりと言われています。戦前も一部の資産家たちが別荘を購入して、休みの時に泊まりに来ると言う贅沢を象徴するものの一つだったのです。 戦後も経済が回復すると別荘に不動産を持つ人が出始めます。やがて土地が高騰して「このまま別荘地の不動産も値段が上がり続けるに違いない」と考えた投資家が、次々に有名別荘地に不動産を購入していきます。 ところが、投資家の予想に反してバブルが崩壊すると、瞬く間に別荘地の不動産が売りに出されます。今でも当時の別荘が売りに出されてる例は珍しくありません。

では、別荘をこれから購入する場合、最低限知っておいた方がいいことはなんでしょうか。 まずは、別荘のメリットです。別荘地に不動産を持つことは、そこで精神的にもリフレッシュできることは当たり前ですが、その別荘地の不動産を割と安値で手に入れることができる点です。 これに対してデメリットは。別荘の地価もバブルの頃に比べると大幅に下がっており、購入するのはいいですが、これを売るとなるとなかなか売れない点です。投資として購入するのはやめて、実用的に長期休暇の間だけ住むのであれば問題ないでしょう。 もう一つは別荘地の場所です。別荘の場所はたいてい自然の中ですが、奥の方に行き過ぎると冬は水道管が凍ったり、暖房代だけでかなりお金がかかってしまうという点が問題といえます。

↑ PAGE TOP